水素水とは?水素水の効果情報サイト

水素水とは?水素水の組成の仕組みと効果

水素水とは? 水素水の仕組み / 水素水の効果 

水素水は学術的には「水素豊富水」と呼ばれ、水(H2O)にある一定以上の水素(H2)が含まれたものを指しています。
水素濃度を示す単位には「ppm(※)」が使われており、“水素水”と名の付く商品には、このppmで水素含有率を記載しているものがほとんどです。



これまで具体的な水素水の定義はありませんでした。しかし、水素は空気中に逃げやすいという性質があるため、水素水と称しながらも水素が ほとんど入っていない製品があるという事例もあることから、分子状水素医学シンポジウムでは、水素水における水素の含有量に最低基準を設けました。
そこでは0.08ppm以上の水素を含んだものを「水素水」としています。

※ppm(ピーピーエム)とは、parts per millionの略です。
( 100万分の いくらか という割合を示す単位で 1ppm=0.0001%を表します)

日常生活に 活性酸素の量 が増えすぎてしまっています!

活性酸素がすべて悪いというわけではありません。 活性酸素の中でも、細胞やDNAを傷つけてしまう悪玉活性酸素(=ヒドロキシラジカル)に強力な酸化作用があり、 人体に影響身体をさび付かせ、血液をどろどろにしてしまう作用を起こすため、 水素水を用いこのヒドロキシラジカルのみを選んで水素を結合させることにより、酸素分子を水に変換、無害な形で体外に排出させるのです。

元気になるリンク集へ
新陳代謝が活発