水素水の仕組みとは?  

水素水の仕組みとは?    


水素水とは水素分子が高い濃度で溶けている水のことを言います。
医学的には「水素豊富水」とも言います。





水は「水素(H2)」と「酸素(O)」がくっついている状態で、化学式では「H2O(エイチツーオー)」で表します。

すでに水には水素があるのですが、水素水はさらに水素を豊富に含ませた水です。







水素水の仕組みとしては、混入できる目安は1.57ppmと言われています。

水素は高い圧力をかけることで水の中にいくらでも溶けますので、非常に高い濃度の水素水を製造することも可能です。

しかし、高圧をかけた高濃度の水素水であっても、「圧力をかけた直後でない限り、時間の経過とともに、空気中に抜けてしまい 常気圧の状態」に戻ります。

また、容器のフタを開けた瞬間に1.57ppm以上の水素はすぐに逃げてしまいます。

そのため、水素濃度は常気圧の限界値である1.57ppmが限界と言われ、十分な濃度と言割れています。

水素水を選ぶときには、その容器の形状や作り方などに注意して「濃度」の残存でチェックしてみてください。



このサイトがあなたの役に立つものであるなら、
管理人としてこの上ない幸せです。