酵素とは?  私たちの身体の要の働きをします。

酵素とは?

<体内酵素の仕組み>
「体内酵素」は潜在酵素とも呼ばれ・・・
使用目的で 「消化酵素」と「代謝酵素」 に分かれます。





※ 本来は同じ物ですが、その都度  必要な方の働きをします
食品が体内に入ると、各臓器が食品を分解するために「分泌液」を用意します。
これが消化酵素の役割です。


1.「消化酵素」=食べ物を消化するのに使われます。
  (唾液や、胃液、腸液などに多く含まれます)

●ご飯などに含まれるデンプンを分解する  → アミラーゼ
●肉などのたんぱく質を分解する       → プロテアーゼ
脂肪を分解を分解する             → リパーゼ

これらが働き、分解された栄養素は小腸で吸収され、身体中に行き渡ります。


2.「代謝酵素」=身体活動、老廃物の排出、新陳代謝、自然治癒力 などの
  生命活動、維持、修復に使われます。


※ 皮膚も骨もホルモンも、私たちの身体を司る要のものはすべて酵素の力を借りて
私たちの身体の維持、修復、治癒を行いますので、酵素に必要なミネラルなどの栄養分を十分に摂りましょう♪




この二つの代謝がしっかりと行われていて初めて健康な生活が送れます。

処が 「消化に集中して消化酵素を使用」しますと、体の機能を司るための
代謝酵素が不十分になり、大切な器官のメンテナンスが十分ではなくなります。

病気の時に「食欲が落ちるのは」、酵素を代謝に「廻したいがための作用」です。







十分な酵素を補えるような食生活をお勧めします。





このサイトがあなたの役に立つものであるなら、
管理人としてこの上ない幸せです。