賢い糖質制限 始め方・しまい方

「糖質制限」とは?  

「糖質制限」の説明をするときに、有名なのは、京都府出身の内科医・漢方医。
一般財団法人高雄病院理事長の江部幸二先生
2009年にご本人の、「糖尿病の治療目的」 をブログで発表されたものでした。

今は北里大学の山田悟先生が、「医学的見地での実証」をされ、論文などで発表して広く 広まり、沢山の支持を受けています。

いろいろな医学的研究法の中で、もっとも因果関係を見極めやすいと考えられている研究デザインが無作為比較試験のメタ解析という研究法です。

Santos先生が2012年に国際肥満学会の機関誌Obesity Reviewsという雑誌に報告した無作為比較試験のメタ解析によると(Obes Rev 2012, 13, 1048-1066)、糖質制限食は・・・①体重減量、②血糖改善 、③脂質改善 、④血圧改善 に有効でした。




※ 山田悟先生はアスリート(サッカー 長友佑都選手)の体調管理も指導しており、彼の活躍ぶりをになっておいでのようです。 → 糖質制限のしまい方



「糖質制限との出会い」

私と糖質制限の出会いはFacebookでの、「グループ参加」 がきっかけ。

入会案内に・・・ 「自分でいろいろ本を読み勉強してから入会してください」との言葉があり、何故かと思いましたが・・・

個人個人の体質には、 DNA ・ 体の組成 (腎機能、肝機能、ホルモンバランス)があり、一律の答えは「 自分で検証していって得られる 」こと学びました。

多くの方が、自ら検証しながら、日々実践しながら得ていく・・・ 

「自分で作る健康」 の姿勢が大切であり・・・
「模倣では得られない」 事が多いことを学ばさせていただきました。

ですからここで書いているのは「あくまでも目安」です。

※ 体力的な事、体の大きさ、運動量など鑑み、加えて「健康状態」を常にチェックして
→ お体に無理のないように、お始め下さい。



又 「ケトン体」では宗田哲夫先生が有名です。 (FBに参加されています)

※ ケトン体とは糖質制限を進めると出てくる体の機能で、本来人が原生で持っている機能です→ 糖質制限がうまく回転し始めますと、身体はケトン体で動き出します。



※ 糖質が入ってこないと、身体は脂質を分解し→ケトン体にして使い始めます

良く言われる 糖尿病性昏睡 = ケトン体は、「酸性のため危険」と言う話 ✖
※ 糖尿病などで 「インシュリンが使えなくなった」方には危険ですが・・・
→ 一般的な健康状態では、身体はかえって機能が向上します

※本来の機能 = 出生前 → 胎児はケトン体で育まれています



※ 健康不安のある方は「医師の指導の元」 糖質制限なさってください。





現在は・・・ 「 メタボ改善」 「心筋梗塞」 「脳拘束」 予防、健康改善や、体重管理などのダイエット目的の糖質制限が盛んに取り入れられています。
 (RAZAPさんが有名ですよね♪)



糖質制限は、身体のホルモンバランスを良くし、免疫機能効果もあり・・・
健康的な食事方法として、糖尿病患者さん以外にも、妊産婦さんや、スポーツ関係者、アスリート・・・
はてや がん治療 目的の方にまで幅ひろく 拡がっています。


私自身も、糖質制限をスタートさせて5年 → → 

◆ 体質がガラッと変わり 
◆ 毒素も抜け(笑)
◆ お気に入りのスタイルとなり 
◆ 肌の「透明感」も出ました♪



< 効果がいっぱい出ています >

健康管理としては「人生一番の成果」 かもしれません。

※ 他にも並行して 「グルテンフリー」や「 断乳」 の成果、もろもろのストレッチや、呼吸法など気を付けてきたことの 「相乗効果」 もありますが、・・・

理論的にも、糖質を控えるというのは、健康管理として、正しかったと思っています。

一時期・・・ 
糖質制限は体を老化 」 させる との発表が世間を騒がせ・・・

又、内容を理解せず 始めてしまい・・・ 失敗した方の 「反論」 も出回り始めておりますが、 ここにきて 「医学界はじめ」 「厚生労働省」などでも

< 糖質の過多はあらゆる成人病に繋がるとの「結論」 >を、出しています。



※ ただ糖質の量を一方的に減らすのはエネルギー不足にもつながりますので
「タンパク質」「ミネラル」「脂質」 のバランスは崩さずに、美味しく健康管理していかれることを推奨します。

自分自身も改めて「糖質制限は健康の為に続けてゆきたく」、思っております。

糖質制限をどのように 「始め」、 「継続し」、 「収束させていくのか?」 
<良いところや、留意点>を、書いていきたく思いますので ご参考にしてください♪


体質改善などの、健康目的にも 非情に有効だとおもわれますが、細かいやり方が意外と知られておらず・・・ お節介に(笑) 書いております。



参考になれば、幸いです♪


このサイトがあなたの役に立つものであるなら、
管理人としてこの上ない幸せです。