糖質制限とは?

「糖質制限」とは? /ダイエット効果

「糖質制限」は本来は「糖尿病の治療目的」で発案されました。

有名なところでは「江部先生」のブログが有名で
Facebookなどで沢山の指示を受けています。
そのあと食事方法としてダイエットが注目され、
肥満予防やメタボ治療、まで幅が拡がっています。

「良く反論で、糖質制限は体に悪いらしい」との情報も耳にします…。
また、とりあえず始めてしまい、失敗した人の反論も出回り始めています。

でも「糖質を摂りすぎると中性脂肪が増える」ことは実証されており、正しい方法を実施することで スッキリと痩せて、健康的な体を目指せるのは事実、私も恩恵にあずかり快適に過ごしています。
適正な体重は燃焼率の良い健康な体も目指せますし、ホルモンのバランスも良くし自己免疫力が向上します。

重ねて糖質の取り過ぎは昨今老化の原因と言われる「糖化」も防ぎます。
まだまだ未検証の部分がありますが、「少食」=「消化の負担を減らす」ことは健康の一環としても 健康効果のアップにつながると思います。

そもそも「糖質」とはなんでしょう? なぜ糖質量が多すぎると太るのでしょうか?

私たちの体は、食事を摂ると血糖値が上がり、インスリンと呼ばれるホルモンが分泌されます。
インスリンは膵臓から分泌されるペプチドホルモンの一種で、糖をエネルギーに変え、血糖値を下げる働きを持っています。
しかし、糖質を摂りすぎてしまうと血糖値は急激に上がり、インスリンが多く分泌されてしまいます。

インスリンには余った糖分を脂肪に変える働きがあり、摂り過ぎた糖質は「脂肪」に変わり蓄積→太ってしまうのです。

とはいえ、完全に糖質オフをしてしまうとエネルギー不足で体に悪いのでは?と言う疑問が生まれると思います。
よく糖質制限に反対なさる方たちの発言で「脳はブドウ糖で動いている」摂取不足は過分なダメージを身体に与える・・・
というものですが、 糖質はごはんやパン、パスタ、蕎麦などの炭水化物や、お菓子などの甘いもののみに、含まれているわけではありません。

殆どの食べものに、糖質は含まれています。ですから日常に食物を食べていて「完全に糖質をゼロにすることはほぼ不可能」です。

また、私たちの体には、筋肉のたんぱく質を構成しているアミノ酸、脂質を構成するグリセロールから、肝臓で糖質をつくる『糖新生』という機能もありますので 糖質を摂らなくても、体に必要なブドウ糖は供給、補完されています。

本来私たちの身体はエネルギーの補給方法として、糖質→脂質→たんぱく質の順で、消費しています。
糖質制限ダイエットで痩せるメカニズムは、「体がエネルギー源として使用している、最初の糖質を枯渇させることで、次の順番の脂肪」が使われる仕組みを利用します。
体内にある「脂肪」= 中性脂肪を脂肪酸に変え、その脂肪酸の一部からケトン体という物質が生成され、そのケトン体が脳や体内のあらゆるエネルギー源になる事を利用しています。

ケトン体エネルギーを生み出すことで、これまで溜め込んだ体脂肪が燃焼し、消費カロリーの増加分が代謝を促進し、痩せてしまうことを利用しています。
因みに、炭水化物(糖)を燃焼した時に得られるカロリーは、1グラムに付/2キロカロリー 脂肪を燃焼すると1グラムに付/9キロカロリー 4倍以上の効率で熱量が発生します。
良くジムで自転車を必死で漕いで「御飯茶碗3分の一」とか出ますよね? あれが消費カロリー・・・ 効率の良さ お分かりいただけますでしょうか?

ただし長年、糖質三昧の生活を送ってきた方は、ケトン体がすぐに動き出さないという場合もあり、「最初の1週間が肝心」です。
糖質をスッパリカットし理想体重に近づいて来たら徐々に量を調整していくことが大切です。

あせるあまり早く結果を出したいと、極端な糖質制限をするとエネルギー → 「栄養不足」に陥ってしまうと大変です。
極度の栄養不良で、体力的にも体の機能を低下させ痩せれなくなってしまいます。「正しい知識を得たうえで実践」することが大切です。
糖質量を減らす代わりに、脂質とたんぱく質を十分に補うことを忘れないように心がけてください。
目安としては「体の表面にしわしわ」が出て来たら・・・注意です。張りの無い肌は「栄養不足」のバロメーターです。

毎日の鏡チェックもお忘れなく。

<糖質制限の方法>
  糖質制限十か条 摂取量

<お役立ちコラム>
水素水とは? 水素水の仕組みとは? 水素水の効果とは?

私は「ココナッツオイル珈琲」からstart 必須ですよ♪

糖質制限は炭水化物や食物繊維質などの糖質を制限して健康的に痩せる方法です。代謝方法が変わればケトン体というブドウ糖に代わって体を廃棄物を出さずに燃焼する機能が生活を快適に元気な体へ導きます。